2006年11月に北九州市で行なわれた会議に続き、第2回衛星搭載太陽電池アレイ帯電・放電試験方法国際標準化ワークショップがフランスで開催されました. 日本,フランス,アメリカ,中国から約40人の専門家が参加し,積極的な議論がなされました。



  
|NEWSのTOPに戻る|