2009年3月16日に北九州市において100周年衛星「鳳龍」の打上に関する記者発表を行ないました。
鳳龍は一辺10cmの立方体形状のキューブサットで、センター所属の学生を中心とした「九工大衛星開発プロジェクト」に参加する 戸畑地区の学部・専攻をまたがった学生達により開発が進められている学生衛星です。
2010年1月から3月の間にインドのPSLVロケットにて高度600から800kmの極軌道に投入されます。
衛星のミッションは
・九工大創立100周年を衛星打上げによって祝うこと
・コールサインやモニタ信号の常時送信によって衛星バス機器の宇宙環境での生き残りを実証すること
・地域の子供たちからリクエストを受けた地球上の任意の地点の写真を配信すること
です。鳳龍は熱真空・熱衝撃・振動等々の打上げに必要な環境試験を全て九工大戸畑キャンパス内で実施します。
2009年11月にインドに向けて送り出されるまで、一歩も九工大の敷地をでることなく、 「人工衛星を自前で作れる大学」を世界にアピールしたいと考えています。




鳳龍の環境試験モデル(左)と衛星モックアップ(右)



軌道上での想像図