2010年11月6日に北九州市立いのちのたび博物館において、まつり企業祭八幡2010の記念事業として宇宙シンポジウム「宇宙 無限の可能性をめざして」が開催され、パネリストとして趙先生が参加され、「宇宙に耐えうるモノ作り」のテーマで講演を行いました。
北九州市及び日本でのロケットの打ち上げ拠点となっている鹿児島県南種子町の主催で開催された宇宙シンポジムですが、近年の金星探査衛星「あかつき」の打ち上げ成功や「はやぶさ」の7年ぶりの歴史的な帰還、また国際宇宙ステーションでの貢献など宇宙への関心が非常に高まっている中での開催ということもあり、会場はほぼ満席状態でした。



       北橋市長の挨拶



       参加パネリスト