2014年3月24日に九州工業大学百周年中村記念館多目的ホールにおいて、第14回宇宙環境技術交流会が開催されました。

今回は内閣府の最先端研究開発支援プログラムの2013年度での終了をふまえ、これまでの超小型衛星試験センターの活動総括を行うと共に、試験センターを利用していただいた多くの衛星の中から、2014年2月28日に無事、打ち上げを終えたSTARS-II(香川大学)、TeikyoSat-3(帝京大学)の二つの衛星について開発・試験過程を振り返ってもらうという事で講演を行ってもらいました。

学外・学内から多数の参加を頂き有難う御座いました。


超小型衛星試験センターの活動総括・発表風景

発表風景1

「超小型衛星試験センター報告−実績と教訓について−」の資料ダウンロード

発表風景2

「超小型衛星試験センターのこれまでとこれから」の資料ダウンロード

STARS-II(香川大学)能見先生 発表風景

発表風景3

「香川衛星開発プロジェクト」の資料ダウンロード

TeikyoSat-3(帝京大学)河村先生 発表風景

発表風景4

「微生物観察衛星”TeikyoSat-3”の開発について」の資料ダウンロード