2015年3月13日に第15回宇宙環境技術交流会を開催しました。

今回は、宇宙環境技術ラボラトリー10周年を踏まえての、10年間の総括と、現在、九州工業大学で開発している鳳龍四号の開発状況の報告を行いました。

また、ゲスト講演として今期に打ち上げを行ったPROCYON探査機とほどよし3,4号の衛星開発・試験過程の報告を行って頂きました。


宇宙環境技術ラボラトリー10年間の総括



鳳龍四号の開発状況説明



ほどよし3,4号の開発と運用成果報告



PROCYON探査機の開発について



講演資料はこちらからダウンロード出来ます

宇宙環境技術ラボラトリー10年間の成果とこれからの展望

放電実験衛星 鳳龍四号−紹介

ほどよし3・4号の開発と運用成果

超小型深宇宙探査機 PROCYON(プロキオン)の成果と将来展望

  
|NEWSのTOPに戻る|