2015年7月13日にAOBA-VELOX-Vの打ち上げに関しての記者会見を行いました。
AOBA-VELOX-Vは九工大学部生を中心として、NTU(Nanyang Technological University)と共同開発を行っている超小型衛星になります。
AOBA-VELOX-Vは弐号のバスシステム部分を継承し、PPT(Pulsed Plasma Thruster)実証実験、衛星内無線通信実験、マイコン放射線耐久実験のミッションに挑みます。
 共同開発の内容としては、PPT実証実験部分をNTU、その他のミッション及び衛星バスシステムを九工大が担当する形で進められています。
打上げ・放出時期は平成28年度を予定しています。


記者会見風景


AOBA-VELOX-V(模型)

記者会見の様子は毎日新聞、朝日新聞、西日本新聞、日経新聞、読売新聞、産経新聞に掲載されたほか、九州地方局のニュースでも放映されました。

新聞社ウェブページのリンク

九州工大の学部生らが手がけた小型衛星、打ち上げへ・朝日新聞

超小型衛星を打ち上げへ 九州工業大、シンガポールの大学と共同開発・西日本新聞


  
|NEWSのTOPに戻る|