ASTRO-Hの相乗り衛星としてH-2Aに搭載が決まっていた鳳龍四号ですが、2016年2月17日午後17時45分にH-2Aロケットの打ち上げが無事成功し、正常に分離されました。

打上げの際には中村百周年記念館でパブリックビューイングを行い、大勢の方に来て頂きました。

パブリックビューイング風景

パブリックビューイング風景

打ち上げ・衛星分離時の模様はJAXAのウェブサイトで見ることが出来ます。

X線天文衛星「ASTRO-H」 / H-IIAロケット30号機 打ち上げライブ中継・ファンファンJAXA

衛星の信号受信も初回の19時27分にコールサインの受信に成功し、2回目の21時8分の受信では衛星の状態が判る信号取得にも成功しました。

衛星電波受信風景

電波の受信風景

コールサイン受信後の集合写真

コールサイン受信後のメンバーの集合写真

今後、鳳龍四号は2年間をかけて衛星の運用・実験を行っていく予定です。

実験の成果については鳳龍四号ウェブサイトにて、随時情報発信を行っていきます。

九州工業大学衛星開発プロジェクト「鳳龍四号」ウェブサイト

  
|NEWSのTOPに戻る|